就活 is fun!

『就活』は辛いだけじゃないよ!楽しいこともあるよ!ってブログ。

【スポンサーリンク】

質問には『本音』で返そう

こんばんは!バヤシです!
Twitter就活用にしたので気軽にフォローミー!

twitter.com

 

本日は大学のゼミの先生に面接の極意をご教授頂いた。
採用面接に向けて、私ならではの志望動機や自己PRを一緒に考えてくださったのだ。
フッフッフ、いい先生だろう!羨ましかろう!(笑)

f:id:ozuwardwalt:20170111230511p:plain

その中でも特に印象的であった「質問には『本音』で返せ!」というお話が大変身に染みたので、みなさまにご紹介いたす!

 

 

目次

 

 

 

面接官の質問はさまざま!

18卒のみなさん!
採用面接は受けてますか?
もう役員面接を行っている企業もあるみたいですね~。
バヤシは本番まだ無くて、模擬面接だけ!

f:id:ozuwardwalt:20170111232659p:plain

面接で聞かれる質問って本当にさまざまですよね!

「自己PRは?」
「学生時代頑張ったことは?」
「弊社への志望動機は何?」

といったものは必ず聞かれる質問ですよね!

 『絶対内定2018 面接の質問』といった書籍に沢山書いてあります。
ぜひご一読を!

 


しかし、世の中の採用試験にはこんな質問もあるみたいです。

「もしあなたが道路標識だったら、何だと思いますか?」
           (Pacific Sunwearの営業補佐職)

「あなたなりのエレベーターの点検方法を教えてください。」     
       (Microsoftのソフトウェア開発エンジニア職)

「もしあなたが火星から来たとしたら、どうやって問題を解決しますか?」
                       (Amazonの人事部長職)


結構衝撃的な質問達ですよね。(笑)
(NAVERまとめ https://matome.naver.jp/odai/2137500439077579101から引用)

 

でも何を聞かれるのかなんて私たち就活生は全く分からないのです。
全ては会社と面接官次第

 

 

 

答えることはただひとつ

面接では色々なことを聞かれる!
しかも何を聞かれるのかはわからない!

 

 

でも安心してください。
答えるべきことはただひとつ

「本音」で返答するだけなのですよ。

 f:id:ozuwardwalt:20170111233220j:plain


どんな質問でも、聞かれている対象は「君」

だから「私はこう思う!」 「私はこう考えている!」

と、本音で答えてしまえばよいのですよ。

 

私自身の考えを言うだけならば、誰だってできる
そう!かしこまったことや難しいことを言う必要は全く無いのです。

 

 

 

本音の返答でないと意味がない

面接官の顔色をうかがって「こう答えたら印象いいかな」とか「こう答えたら頭よさげに見えるかな」なんて考えても意味がありません

 

「残業は毎日あるけどやれそう?」

って聞かれて、本当は嫌なのに

「ハイ!残業大好きです!」

って内定欲しさにウソを言ってどうするの?
のちに残業祭りで困るのは自分じゃん。

 

つまり『本音で返答』するということが、企業との綺麗なマッチングであるとゼミの先生は私に伝えたかったそうです。
その想い!しかと受け取りましたよ!!
そして、この就活ブログを通して皆さんにも伝えましたよ!!!

 

内定を貰うために就活をするのではなく、
未来を掴み取るために本音で就活をしていきましょう!

 

就活 is fun!

 

 

 

おまけ

f:id:ozuwardwalt:20170103112531j:plain

せっかくなので文中の奇妙な質問を『バヤシの本音』で答えてみるのコーナー!

「もし私が道路標識だったら、環状交差点の標識です!なぜならば、仲間の行動をストップさせることなく、潤滑に動かせてあげるサポートができるからです!」
……なんか、わりとまともに答えられた。本音で環状交差点好き。(笑)

 

「私なりのエレベーターの点検方法は、1週間そのエレベーターの中で住みます!衣食住をそのエレベーターの中で行いながら24時間共に過ごすことで、隅々まで点検します!」
……トイレとかお風呂どうするんだろう?
でもなんだか楽しそうだし、治験バイトっぽくない?(笑)

 

「もし私が火星から来たとしたら、問題を解決すべくテレビに出演しまくります。問題というのは貧困と定義づけ、お金を稼ぐためにピコ太郎さんのようにテレビに出まくってお金をガッポガッポと稼ぎます!」

……火星人なんでしょうか?きっと外見が特徴的なんですね。

 

 

質問に答えるの楽しいですね。(笑)
またそのうち、採用面接でよくある質問をただただバヤシが答えるコーナーをやりたいと思います。